2017.08.31
(Thu)

演奏中の表情の問題

これはだれでもがコンサートなどに行った後で思いをめぐらせたことがある問題だと思いますが、 演奏中の顔や体の表情の問題について、チェリストのスティーブン・イッサーリス(58)が思うところを自身のフェースブックに書いていました。

以下ざっと抄訳すると:

- 自分の演奏をビデオでみるとぞっとすることがあるが、自分の表情や動きは、演奏している音楽に反応した結果生じた、真正のものだと言い訳させて欲しい。
- 昔は先輩チェリストに「やりすぎ」だと注意され、それ以来、自分が感じている以上の感情は出さないようにつとめている。
- 特に若い演奏家が、写真など演奏以外で見た目を重視する傾向は、見ていて恥ずかしくなることもあるが、 見た目が良いのならその間は最大限利用すればいいと思っている。
- 演奏では、偉大な演奏家はほとんど顔の表情は変わらない。カザルスなどは仏像のようだ。 しかし、深刻な音楽もハイドンやベートーヴェンの作品にあるようなユーモアも、同じように苦悶の表情で演奏するのもよくない。
- 演奏の見た目を気にしすぎる必要はない。作曲家は作品に感情を十分込めてくれているのだから、それをそのまま聴衆に伝えること。 しかし、演奏しながらその音楽に反応してしまうのもまた自然なことだ。偽りの仮面をかぶることは、作品と聴衆の間のじゃまになる。
- 残念ながら、メロドラマ風の表情をつくることが成功への近道のように感じたりすることもある。 聴衆もよくそれにだまされるが、音楽的な真実は損なわれる。 われわれ演奏家の目標は、聴衆がわれわれをどう思ったかにでなく、音楽そのものが語ることを聴衆が聴けたかどうかにあるのだ。
[原文]

この問題についてはイッサーリスがほぼこの文章で言い尽くしてくれているように思います。

ただ、もうひとつ「顔の表情をつくることが、体の動きにつながり、そこから奏でられる音が変わる」ということもあるのではないかなと思います。 このことを言っているのが下のマスタークラスの動画で、若手のレオナルド・エルシェンブロイヒ(32)がさらに若手チェリストに
「明るい音色を出すときには、顔を明るくするんだ」
というようなことを言っているのです。

さらに、このことから連想するのは、よくテニスで選手が握り拳を握ったり「カモン!」と声をあげたりといった「ポジティブなボディ・ランゲージ」を出すことが、自分のエネルギーを増大させるとされ、コーチなどにもそうするよう指導される、という話です。 まあ、もちろん、スポーツの試合と音楽の演奏とでは違うのですが…

タグ : スティーブン・イッサーリス 

2017.08.28
(Mon)

先週の練習

引き続きバッハの無伴奏組曲4番ブーレ、アルマンド、クーラント。シュレーダーから1曲日替わりで。

土曜日、チェロ四重奏(ヨンゲン「2つの小品」)の練習。全員が全パートを弾く計画もついに最終第4セットに入った。最後に弾くことになったのは4パート。

レッスンを辞めたことについて、仲間が話を聞いてくれる。ちょっと心配してくれていたよう(すみませんでした)。 いろいろ話しているうち、いずれ自分がどのように弾きたいかがはっきりしてきたら、 そのとき「レッスンをして欲しいチェリスト」ならたくさん思い浮かぶことに気がついて、なんだか希望がひらけてきた。

9月から始まる、自分にとって新しい経験となる室内楽の話が2つ。 1つはピアノ三重奏で、先日ピアノ四重奏でがんばったご褒美と思うことにしている。

もう1つは、いわゆる慰問演奏のカルテットで、実はこれまでこのような場は避けてきたのが、今回仕方なく引き受けることになってしまった。 これまで避けてきたのは、自分はあくまでアマチュアとしてつたない演奏を「聴いていただく」立場であって、不特定のだれかに「聴かせてあげる」、つまり自分は演奏によって何かが"give"できるとする立場に立つのは「おこがましい」、場合によっては聴き手に「失礼」なことだと思ってきたからだ。残念ながらこの考えは、自分の中でもモヤモヤしているせいか、音楽仲間にあまり理解されない…ただ、引き受けてしまった以上はそれなりの覚悟でのぞむつもり。このことはまた書くかも。

2017.08.19
(Sat)

今週の練習

前の記事で見つけた演奏に触発されて、バッハの無伴奏組曲4番ブーレ。繰り返し上昇する旋律で気分が明るくなる。バッハは久しぶり。アルマンドも少し。

シュレーダーの2巻か3巻からその日パッと開いたページを弾く、というのもやってみる。レッスンを辞めたので、日々の練習に何を課すか、いろいろ手さぐりしてみているところ。

2017.08.09
(Wed)

レッスン #330 「最後」のレッスン

思うところがあって、チェロを始めてからこれまで13年余り続けてきたレッスンを、これで「最後」とさせて頂くことにした。

きっかけはこのところ指を痛めていたことで、現状の自己評価も踏まえて、これからどのようにチェロと付き合っていくかを考えたとき、一度このあたりでチェロへの取り組み方を見直した方がいいのではないか、と考えたようなわけ。

チェロを初めて触った日から13年と8ヶ月の間、チェロが次第に自分の大切な部分になり、 チェロを通じて友だちが増え、アンサンブルやオーケストラにも加わって弾けるようになり、 ソナタやコンチェルトといった名曲まで自分の手で弾いてみることができるようになり...一言でいえば、チェロを通して世界が広がったのも、すべてR子先生のおかげと感謝しています。 これからもR子先生に導かれて多くの生徒の世界が広がりますように!

***

最後に弾いたのは、ポッパーの36番。ハ長調の速い3拍子。 ポッパーのエチュードらしく不均衡なボウイングや転調や跳躍が出てくるものの、これはバッハの組曲3番ジーグのオマージュに違いない。

ポッパーの40番まであるエチュードをあと4曲やり残してしまったのは少し口惜しいけど、ここまでやってきたことは“財産”になると思う。

タグ : チェロレッスン 

2017.08.01
(Tue)

モーツァルトのピアノ四重奏曲第1番

今回弾いたモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番K.478には、おもしろい話があって、元はウィーンの音楽家で出版者のホフマイスター(Franz Anton Hoffmeister, 1754–1812)が、アマチュアが家庭で演奏する音楽を出版してひと稼ぎしようと目論み、モーツァルトに3曲のピアノ四重奏曲を作曲するよう依頼したもの。

ところが、モーツァルトからこの楽譜を受け取ったホフマイスターは、これではアマチュアには難しすぎて楽譜が売れないと判断し、残り2曲の契約を打ち切ったのだそう[Wikipedia]。

モーツァルトのもう一曲のピアノ四重奏曲第2番K.493は、別の出版社から出版されたらしいです。

当時のアマチュアが演奏するのにぎりぎり──モーツァルトはアマチュア向けのつもりだった──という加減がどんなものか知ることができるのが、この曲のおもしろいところじゃないかと思います。もちろん、それでいてとてもシンプルな美しさがあるのですが。

この曲については前にも書いたように、チェロもさほど難しくなく楽しく弾けるものの、1ヶ所だけ緊張する、いやな箇所がありました。1楽章後半の193小節、一瞬だけチェロのソロになるところ(譜例はIMSLPより。下の動画では8:55くらいのところ)。
K478.png

最近、参考に見ていた動画。チェロはベルリン・ドイツ交響楽団のミッシャ・マイヤー、バイオリンはアリーナ・ポゴストキーナ、ビオラはべロニカ・ハーゲン、ピアノはジェローム・デュクロ。

この他にも、アンドレ・プレヴィンのピアノとN響の堀正文さん、佐々木亮さん、チェロの藤森亮一さんが共演した動画があって、何度も見させてもらいましたが、おそらく10年近く前の放映の個人の録画だと思うのでそっとリンクを張るだけにしておきます。

いずれも映像を見ると、この193小節でチェリストがアップで映るのです! 本番でもここは緊張しましたが、夢中だったので、ちゃんと弾けたかどうかよく覚えていません。

タグ : カルテット 

2017.07.30
(Sun)

室内楽発表会

所属するオケの室内楽発表会を、区内の医療施設のホールをお借りして聴いていただきました。私が弾いたのは、このところ練習してきたモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番K.478の1楽章と、バッハのブランデンブルク協奏曲第3番。2曲ともここまで仲間と練習してきてとても勉強になりました。 170730.jpg

ピアノ四重奏は、一人一人がソロというところがあるので自分の課題でもある「音量」を、ブランデンブルク協奏曲は指揮なしの総勢20名余りの弦で「どうアンサンブルするか」というところを、自分なりのテーマにして取り組んできたつもり。

ピアノ四重奏の本番、中盤を過ぎたところで、エンドピンが引っ込んでしまうハプニング…実は午前中のリハーサルのときにも、思い返せば2年前このホールで弾かせてもらったときにも同じトラブルがあったのです。少し先に3小節の休みがあったので、ここしかないと思って、そこでどうにか復帰しましたが、気をつけないといけないと思いました。

タグ : カルテット 

2017.07.28
(Fri)

レッスン #329

ポッパー : チェロ奏法のための上級教本 Op.73/インターナショナル・ミュージック社

ポッパー35番。Des-dur(♭5つ)で次々変わる親指ポジション。 14小節最後の16分音符Gは♭を付けるべきミスプリントと思われる(3小節、35小節と同様なので)。 これまで書き留めているポッパーのミスプリントと思われる箇所には、ミスプリントと断定していいのかどうか微妙なものもあったけど(例えば15番)、これはわりあい明らかなミスプリント。

人差し指は痛むけど、高いポジションだとあまり痛まない。エチュードだとビブラートを意識しなくてもいいというのもある。

先生も指の痛みについては「とにかく休ませるしか…」。

チェロ名曲31選 (Doremi cello album (No.7003)) 藤沢 俊樹 少し楽に弾ける曲ということで、フォーレのシチリアーノを弾かせてもらう(楽譜は名曲31選)。 実は今年オーケストラでこの曲が入った組曲「ペレアスとメリザンド」をやることになっていて、美しい旋律はフルートに持っていかれがちながら、チェロのソロもあるのだ。

弓のスピード重視で。オケでは音量も求められそうなので、そのときは弓を返すんでしょうね、などなど。

タグ : チェロレッスン 

2017.07.24
(Mon)

先週の練習

このところちょっと次に向かう目標がちょっと見えなくなっている状態。今月初めにあった七夕の会は楽しく、会のみなさんには感謝の気持ちしかないのだが、自分のチェロのことになると「無力感」とでもいうような気持ちが大きく残った。「祭りのあと」という気分をまだ引きずっているのかも知れないし、あるいは、このところあまりにもすばらしいプロの奏者の方たちに接しすぎたせいで、「日常」のチェロに戻れなくなっているのかも知れない。

もう一つ困っているのが、4月頃から痛めていた左手の人差し指の痛みが増してきたこと。練習時間をセーブしたり、全く弾かない日をあけたりしている。

日々の練習をするにしても、開放弦のボウイング、スケール、それにポッパーのエチュード(35,36番)くらい。レッスンで弾き始めたブラームスのソナタにもロココにも手をつける気にならない。

こんな時、自分のような者でもオーケストラでは必要としてもらえる(たぶん「仕方がない」と思われている)のはありがたいし、合奏に集まれば楽しい。今週末、弦の有志で本番のブランデンブルク協奏曲第3番は、1st2ndバイオリン・ビオラの顔触れがいつもと入れ替わって新鮮。

2017.07.14
(Fri)

レッスン #328

ポッパー34番。重音の美しいエチュード。40番まであるポッパーも大詰めを前にして「一服の清涼剤」あるいは「箸休め」。冒頭の2つめの重音C-Aへの跳躍がカギ。時々、左手のあいた指でのピチカートあり。

あとは時間いっぱいまで、七夕の会で弾いた反省と課題についてあれこれお話しする。「太くて大きな音を出せるようにする」のが課題というところまでは、どうやらそういうことのよう。これはチェロをやっていてずっと言われ続けていること。R子先生「左手はけっこう大胆なんだから、右手も左手くらい大胆になればいいのに」。

タグ : チェロレッスン 

2017.07.08
(Sat)

七夕チェロあれこれ

七夕チェロの、特にソロ演奏の準備から本番にかけて考えたことのあれこれ。

暗譜で弾くことは初めからあきらめ、譜面台に楽譜を置いた。 やはり暗譜で弾く不安には耐えられないと思ったので。 以前、ベテランのチェリストが演奏会で譜面台を置いてドボコンを弾いたのを見て、それでもいいんだ、と思ったというのもある。

ただし、今回べつのかたへのアドバイスにもあったように、あまり楽譜に目を落としたままになりすぎないよう気をつけようとは思った。

***

本番前に緊張していないように見える」「落ち着いている」と言われたけど、そんなことはなくて、やっぱり本番前にはあがるし、不安で不安でたまらない。 ただ、それがあまり表に出ないだけで、それにはたぶん音楽とは関係のない場での経験が関係しているのだと思う。

ひとつ、事前に「本番で見える景色」を確認しておこうと思って、ソロ演奏のセッティングがされた(今回、一段高い演奏台まであった)椅子のところに行って、座って周りを見回したりしてみた。

そういえば将棋で話題になった14歳の中学生、藤井聡太四段の連勝記録を止めた佐々木勇気五段は、大勢の報道陣がつめかける藤井四段の対局場を下見したのが役に立ったという。

***

以下、曲の中の細かいこと…

1週間前くらいから、第2変奏最後の上りの音階が弾けなくなって焦った。

テンポをいったん落としてみたりしながら、高いシ(3の指)からド♯(1の指)へのシフトが問題だと絞り込み、それからまたいろいろ試して、1の指を浮かさないで「すべり込ませる」ように意識してみたら、少しよくなった。

***

第1変奏と第2変奏の前に2回出てくるこの部分。

ド♯→ド♯の1オクターブ跳躍を本番で外すのではないかと不安だった。 練習ではあまり外したことはないけど、そういうところに限って本番では外すもので…。

これもべつのかたへのアドバイスにあったけど、高いド♯めがけて3の指を伸ばすのでなく、1の指(か親指)で通い慣れたラの音をとるつもりで、そこから3を押さえるようにした。

さらにやりたいのは、この頂点をフォルテで弾くために、3の指で深く(第1関節が反るくらい)押さえるかたちを作ることなのだが、 これがまだできていなくて、さらに練習しようと思っているところ。

***

主題は少しビブラートをかけながら弾き始めるつもりが、うまくいかなかった。第3変奏の頂点はもっと駒寄りで弾ければよかった…

他にもいろいろ反省点があるけど、これからの練習に生かそうと思う。

« new old »