2007.09.19
Wed

NYタイムズ電子版が無料になって読めたヨーヨー・マの“あの”事件

カンタービレ~ベスト・オブ・ヨーヨー・マ

ニューヨークタイムズ(NYT)が、きょうから電子版を完全に無料にするとのこと[日経NYT]。 これでありがたいのは過去の記事アーカイブも無料で読めるようになったこと。

それで思い出したのは、ヨーヨー・マがチェロをタクシーに忘れた事件です。1999年、このときの記事。

In Concert, Searchers Retrieve Yo-Yo Ma's Lost Stradivarius [NYT October 17, 1999]

あらためて顛末を要約すると、1999年10月16日土曜日午後1時ごろ、ヨーヨー・マはモンタニアーナのチェロを持ってニューヨークのセントラルパーク近くでタクシーを拾った。向かったのは、55番街のペニンシュラホテル。18分後、ホテル着。そこでタクシーを降りてすぐ、トランクに入れたチェロを忘れたことに気がついた!…あわててホテルのスタッフに知らせ、手に残ったタクシーの領収書を手掛かりにタクシー探しが始まる。警察やタクシー組合の協力があって、午後4時、ついにタクシーが見つかり、トランクにはヨーヨー・マのチェロが無事あった…。

この記事も、きのうまでは有料だったのが、きょうから無料。

これを読むと、はじめNYTの記者はこのときのチェロを
「ストラディバリ作のモンタニアーナ」(The Venetian cello, known as the Montagnana, was made in 1733 by Antonio Stradivari. )
だと書いて、Stradivarius を見出しにまでしていますが、これはもちろん間違いで実際は Montagnana であったと一週間後に訂正しています。

Correction: October 25, 1999, Monday An article on Oct. 17 about the cello that Yo-Yo Ma forgot in a taxi referred to it incorrectly. It was a 1733 Montagnana, not a Stradivarius.
たとえるなら「唐津の伊万里」「北斎の写楽」「鳥取の島根」…と書いてしまったようなものでしょうか? こういう間違いも当時をそのままたどれるのが、また面白いです。

なお、無料化されたのは1987年以降の記事で、1986年以前の記事はまだ有料のようです。そのため惜しいことに1986年7月五嶋みどりさんが14歳でタングルウッドでデビューしたとき、 弦を二度も切りながら演奏しきったエピソードを書いた記事はまだ有料でした。

GIRL, 14, CONQUERS TANGLEWOOD WITH 3 VIOLINS [NYT July 28, 1986]

こういう記事は後に貴重な史料になりうるので、新聞各社もならってできるだけ無料で公開して欲しいものです。

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ  チェロ事件簿 

コメント

あれは8年前♪!

あの事件からもう8年がたったのですね!ついこの間のような気がしますけれど。。。
さすがNYTimes、まるでサスペンスドラマでも見ているような文体の記事ですね。
MIDORIさんの記事、4ドル近く、高いのか安いのか。。。
一番値段が安いDaily Yomiuri、もうネットでいいかな?と思いながらも取り続けています。ヤッパリ止めようかな。。。

2007/09/19 (Wed) 22:33 | ninja #- | URL | 編集

新聞

> ninjaさん

たしかにNYTの方針転換は、今後のネットと新聞の関係を変える一大事件かも知れません。紙は紙の良さがあるんですけどね…
Daily Yomiuriはクロスワードがなかなか良く出来ていたような…

2007/09/20 (Thu) 08:55 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック