2017.11.10
(Fri)

トルルス・モルク&チェコフィルのドボコン

トルルス・モルク(56)が先月末、スイスでチェコ・フィルハーモニー管弦楽団と弾いたドボルザークのチェロ協奏曲 のラジオ放送がスイス放送協会RTSのサイトで聴けるようになっていました。

La Philharmonie Tchèque au Migros-pour-cent culturel-classics [RTS]

10月25日、スイスのジュネーブで行われたチェコフィルのコンサートで、 曲目はヤナーチェクの"Jalousie"、ドボルザークのチェロ協奏曲、ドボルザークの交響曲第8番というプログラム。 指揮はチェコのトーマス・ネトピル。 トルルス・モルクのソリスト・アンコールはカザルス「鳥の歌」。公開期間は1か月間[オーケストラ・オンデマンドより]。

このコンサートのことは、同じプログラムで別の日に行われたルツェルンの客席にいたチェリスト、上村文乃さんのブログで知リました。 上村さんが「優しく、静かに語りかけてくれるドヴォルザーク」で「本当に感動してしまいました」と書いていた演奏を、ぜひ聴いてみたいと思っていたのでした。

関連記事

タグ : トルルス・モルク 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック