2017.10.29
(Sun)

ジャクリーヌ・デュプレのドボコン発掘映像

夭折したジャクリーヌ・デュプレ(1945-1987)の没後30年に、没後これまで人の目に触れることがなかったドボルザークのチェロ協奏曲の演奏映像が「再発見」され、この22日、BBCで放映されたのだそう。1968年9月、ロンドンのロイヤル・アルバートホールでの演奏で、ダニエル・バレンボイム指揮のロンドン交響楽団。イギリスではBBCのサイトから視聴できますが、下の映像はBBC公式のものではないので、いつまで残っているかは不明。

これを見るとあらためてデュプレの演奏のダイナミックさが伝わってきます。3楽章冒頭では弦を切るハプニングも(29分過ぎ。32分過ぎから再開)。デュプレ、23歳のとき。

このコンサートは、この直前、「プラハの春」を受けてソ連軍がチェコスロバキアに侵攻したことに抗議して「(ドボルザークの母国)チェコスロバキアの人民に捧げる」とされたものだったそうです。演奏後に民族衣装の子どもたちが花束贈呈するシーンが映っているのは、そうした背景によるものと察せられます。

これは歴史の皮肉だと思うのですが、この1ヶ月前の1968年8月、あのロストロポーヴィチ(当時41)が、同じロイヤル・アルバートホールで同じドボルザークのチェロ協奏曲を、ソビエト国立交響楽団と弾いていて、このときはソビエトのチェコ侵攻への激しい批判から公演を中止すべきだとの声もあったものの、結局予定通り行われたのだそう(このときのアンコールにロストロポーヴィチはバッハの無伴奏組曲2番サラバンドを弾き、その頬には涙が流れていたというも)。ロストロポーヴィチがソ連で「反体制」とみなされ、ついには亡命してしまうのはこの少しあと、1970年代に入ってからのこと。

関連記事

タグ : ロストロポーヴィチ  ジャクリーヌ・デュプレ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック