2017.10.04
(Wed)

ジャクリーヌ・デュプレ没後30年

今月19日は、夭折したイギリスの伝説的チェリスト、ジャクリーヌ・デュプレ(1945-1987)の没後30年にあたるのだそうで、イギリスBBCではデュプレの生前の映像や交流のあった人へのインタビュー映像を交えた1時間のドキュメンタリー番組を、20日夜に放映することになっているのだそうです[BBC]。下はその予告動画[TheStradより]。

最初のほうに出てくるのは、イギリスのチェロ奏者ウィリアム・プリース。後半に出てくるのはチェリストで指揮者のジョン・バルビローリ。

他にもデュプレの没後30年に関連しては、10月28日と29日の両日ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで、デュプレの夫だったダニエル・バレンボイム(1942-)が、自身が設立したウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を率いて、記念コンサートを行うのだそうです。 曲目は、R.シュトラウス「ドン・キホーテ」とチャイコフスキーの交響曲第5番。「ドン・キホーテ」のチェロソロは、バレンボイムがたびたび起用している若手チェリストのキアン・ソルタニ

デュプレを記念するなら、とまず思い浮かぶエルガーのチェロ協奏曲もなく、プログラムからはデュプレがあまり前面に出てきませんが、このコンサートの収益は、デュプレが苦しんだ多発性硬化症の患者支援団体に寄付されるのだそうです。

[追記] 28日に行われたコンサートのラジオ中継→Daniel Barenboim conducts the West-Eastern Divan Orchestra [BBC Radio3 17.10.28 公開期間1ヶ月]

ただ全体的に、20世紀の偉大なチェリストの没後30年という区切りのわりには、記念のCDが発売されたという話も聞かないし[追記注: Warner Classicsからリマスター音源による"The Heart of the Cello"というアルバムが発売されたそう→tower.jp]、 あまりデュプレのことが話題になっていないような気がするのはなぜなのかな?…とちょっと不思議に思いました。

まあ、30年なら、まだデュプレが生きていたときのことを記憶している人も、バレンボイムをはじめたくさんいるからいいのかも知れませんが…

関連記事

タグ : ジャクリーヌ・デュプレ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック