2017.09.14
(Thu)

「過保護のカホコ」の結婚行進曲

連続ドラマ「過保護のカホコ」[日本テレビ]が昨日13日最終回。 めでたく結ばれた主役二人のために、それまでチェリストになる夢をあきらめかけていた従妹・糸がワーグナーの結婚行進曲(歌劇「ローエングリン」第3幕)をチェロ独奏したのは、見事な演出だったと思います。

ワーグナーの結婚行進曲のチェロ独奏(ピアノ伴奏)による演奏例。

ドラマではこれより5度高い変ロ長調(♭2つ)で弾いていたように思われ、確かめてみたら、それがまさに原曲の調でした(原曲では女性合唱)。

糸役・久保田紗友さんへのチェロ指導とドラマの中の演奏は、チェリストの飯尾久香さんだそう[Facebook]。

関連記事

タグ : ドラマのチェロ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック