2017.09.04
(Mon)

ジャン=ギアン・ケラスのバッハ組曲全曲+ダンス

なんだかこのところ、チェリストがダンサーとコラボレーションするのが目につくなと思っていたら、ジャン=ギアン・ケラスはきのう3日、ドイツ・ハンブルクの新しいコンサート・ホール、エルプフィルハーモニーでバッハの無伴奏チェロ組曲全曲を弾き、その周りでコンテンポラリー・ダンサーで振付師のアン・テレサ・デ・ケースマイケル(Anne Teresa de Keersmaeker, 57)とそのカンパニーRosasが踊る、という公演を行ったらしいです[ケラスのFacebookページより]。

この公演は午後8時開演、バッハの組曲全曲を弾いて(休憩なし)22時15分終演の公演だったそう。

この公演にあたって、ケラスとケースマイケルの2人の共同インタビュー記事があって、ダンサー・振付師のケースマイケルはケラスにバッハの組曲の和声構造(ケラスの言葉では和声の流れ harmonic flow)を説明され、それを人間の体の動きにどう反映させるか、と考えたのだそう。

また、2人とも、バッハの組曲は1つ1つの曲名にアルマンド、クーラントなど舞曲の名前がついているものの、実際のダンスとの結びつきは薄い…という見解を語っていました。

ジャン=ギアン・ケラスはこのケースマイケルとのコラボレーションをブリュッセルでも今月23日から27日まで行い、その後、いよいよ来日する予定になっているようです。

[追記] ケラスとケースマイケルの公演について10日、ニューヨークタイムズにも記事→A Cellist’s Challenge: Playing Bach, Surrounded by Twisting Bodies[NYTimes 17.09.10]

関連記事

タグ : ジャン=ギアン・ケラス 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック