2017.08.31
(Thu)

演奏中の表情の問題

これはだれでもがコンサートなどに行った後で思いをめぐらせたことがある問題だと思いますが、 演奏中の顔や体の表情の問題について、チェリストのスティーブン・イッサーリス(58)が思うところを自身のフェースブックに書いていました。

以下ざっと抄訳すると:

- 自分の演奏をビデオでみるとぞっとすることがあるが、自分の表情や動きは、演奏している音楽に反応した結果生じた、真正のものだと言い訳させて欲しい。
- 昔は先輩チェリストに「やりすぎ」だと注意され、それ以来、自分が感じている以上の感情は出さないようにつとめている。
- 特に若い演奏家が、写真など演奏以外で見た目を重視する傾向は、見ていて恥ずかしくなることもあるが、 見た目が良いのならその間は最大限利用すればいいと思っている。
- 演奏では、偉大な演奏家はほとんど顔の表情は変わらない。カザルスなどは仏像のようだ。 しかし、深刻な音楽もハイドンやベートーヴェンの作品にあるようなユーモアも、同じように苦悶の表情で演奏するのもよくない。
- 演奏の見た目を気にしすぎる必要はない。作曲家は作品に感情を十分込めてくれているのだから、それをそのまま聴衆に伝えること。 しかし、演奏しながらその音楽に反応してしまうのもまた自然なことだ。偽りの仮面をかぶることは、作品と聴衆の間のじゃまになる。
- 残念ながら、メロドラマ風の表情をつくることが成功への近道のように感じたりすることもある。 聴衆もよくそれにだまされるが、音楽的な真実は損なわれる。 われわれ演奏家の目標は、聴衆がわれわれをどう思ったかにでなく、音楽そのものが語ることを聴衆が聴けたかどうかにあるのだ。
[原文]

この問題についてはイッサーリスがほぼこの文章で言い尽くしてくれているように思います。

ただ、もうひとつ「顔の表情をつくることが、体の動きにつながり、そこから奏でられる音が変わる」ということもあるのではないかなと思います。 このことを言っているのが下のマスタークラスの動画で、若手のレオナルド・エルシェンブロイヒ(32)がさらに若手チェリストに
「明るい音色を出すときには、顔を明るくするんだ」
というようなことを言っているのです。

さらに、このことから連想するのは、よくテニスで選手が握り拳を握ったり「カモン!」と声をあげたりといった「ポジティブなボディ・ランゲージ」を出すことが、自分のエネルギーを増大させるとされ、コーチなどにもそうするよう指導される、という話です。 まあ、もちろん、スポーツの試合と音楽の演奏とでは違うのですが…

関連記事

タグ : スティーブン・イッサーリス 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック