2017.08.03
Thu

リハーサル・ライブ

開催中のヴィルビエ音楽祭で2日、ヴァイオリンのヴァディム・レーピン、ジャニーヌ・ヤンセン、チェロのミッシャ・マイスキーら、一流奏者たちが揃った室内楽コンサートの、本番だけでなく、その前のリハーサルのようすがライブ中継され、オンデマンドで見られるようになっていました。

Verbier Artists in Rehearsal [medici.tv] 170803.jpg

曲はショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲Op.57で、ヴィオラはマクシム・リサノフ、ピアノはウラディーミル・フェルツマン。

ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲は、5楽章からなる30分ほどの曲ですが、リハーサルは1時間45分ほど。 音楽祭のディレクターStephen McHolm氏がマイクを持って実況したり、奏者にインタビューしたりしていました。公開期間は本番・リハーサルとも約3ヶ月間。

奏者どうしのやりとりは英語。一度レーピンがピアノのフェルツマンに複雑そうなことを伝えるのに、ロシア語を使う場面もありました。 リハーサルをリードしているのは、やっぱり二人のヴァイオリニスト、でしょうか。

一流奏者たちの室内楽のリハーサルのようすが見られる機会というのは少ないので興味深いです。

夏は国内外各地で音楽祭が開かれていますが、こうしたリハーサルのライブ中継もやってくれたらいいのに、と思いました。

関連記事

タグ : ミッシャ・マイスキー 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック