2017.08.01
(Tue)

モーツァルトのピアノ四重奏曲第1番

今回弾いたモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番K.478には、おもしろい話があって、元はウィーンの音楽家で出版者のホフマイスター(Franz Anton Hoffmeister, 1754–1812)が、アマチュアが家庭で演奏する音楽を出版してひと稼ぎしようと目論み、モーツァルトに3曲のピアノ四重奏曲を作曲するよう依頼したもの。

ところが、モーツァルトからこの楽譜を受け取ったホフマイスターは、これではアマチュアには難しすぎて楽譜が売れないと判断し、残り2曲の契約を打ち切ったのだそう[Wikipedia]。

モーツァルトのもう一曲のピアノ四重奏曲第2番K.493は、別の出版社から出版されたらしいです。

当時のアマチュアが演奏するのにぎりぎり──モーツァルトはアマチュア向けのつもりだった──という加減がどんなものか知ることができるのが、この曲のおもしろいところじゃないかと思います。もちろん、それでいてとてもシンプルな美しさがあるのですが。

この曲については前にも書いたように、チェロもさほど難しくなく楽しく弾けるものの、1ヶ所だけ緊張する、いやな箇所がありました。1楽章後半の193小節、一瞬だけチェロのソロになるところ(譜例はIMSLPより。下の動画では8:55くらいのところ)。
K478.png

最近、参考に見ていた動画。チェロはベルリン・ドイツ交響楽団のミッシャ・マイヤー、バイオリンはアリーナ・ポゴストキーナ、ビオラはべロニカ・ハーゲン、ピアノはジェローム・デュクロ。

この他にも、アンドレ・プレヴィンのピアノとN響の堀正文さん、佐々木亮さん、チェロの藤森亮一さんが共演した動画があって、何度も見させてもらいましたが、おそらく10年近く前の放映の個人の録画だと思うのでそっとリンクを張るだけにしておきます。

いずれも映像を見ると、この193小節でチェリストがアップで映るのです! 本番でもここは緊張しましたが、夢中だったので、ちゃんと弾けたかどうかよく覚えていません。

関連記事

タグ : カルテット 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック