2017.07.28
(Fri)

レッスン #329

ポッパー : チェロ奏法のための上級教本 Op.73/インターナショナル・ミュージック社

ポッパー35番。Des-dur(♭5つ)で次々変わる親指ポジション。 14小節最後の16分音符Gは♭を付けるべきミスプリントと思われる(3小節、35小節と同様なので)。 これまで書き留めているポッパーのミスプリントと思われる箇所には、ミスプリントと断定していいのかどうか微妙なものもあったけど(例えば15番)、これはわりあい明らかなミスプリント。

人差し指は痛むけど、高いポジションだとあまり痛まない。エチュードだとビブラートを意識しなくてもいいというのもある。

先生も指の痛みについては「とにかく休ませるしか…」。

チェロ名曲31選 (Doremi cello album (No.7003)) 藤沢 俊樹 少し楽に弾ける曲ということで、フォーレのシチリアーノを弾かせてもらう(楽譜は名曲31選)。 実は今年オーケストラでこの曲が入った組曲「ペレアスとメリザンド」をやることになっていて、美しい旋律はフルートに持っていかれがちながら、チェロのソロもあるのだ。

弓のスピード重視で。オケでは音量も求められそうなので、そのときは弓を返すんでしょうね、などなど。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック