2017.07.19
(Wed)

バレンボイムがBBCプロムスで政治的(?)スピーチ

イギリス最大の音楽祭BBCプロムス2017の16日に行われたコンサートの終盤で、指揮者のダニエル・バレンボイム(74)がイギリスのEU離脱への批判ともとれそうな数分間のスピーチを行い、これに対して賛否入り乱れた議論が行われているようです。

この日のコンサートは、バレンボイムがドイツのベルリン国立歌劇場管弦楽団を率いて、イギリスの現代音楽作曲家バートウィッスルの委嘱作品初演とエルガーの交響曲第2番を演奏するプログラム。この後、アンコールとしてエルガー「エニグマ変奏曲」から「ニムロッド」ともう一曲、「威風堂々」を演奏する前にバレンボイムのスピーチは始まったとのこと。(バレンボイムはアルゼンチン生まれのイスラエル人)。

そのときの映像。BBCのテレビ中継画面を個人が録画したものだということなので、いいのかどうかわかりませんが。

以下が全文[Guardian, Jewish Chronicleなどから]。

... I would like to share with you some thoughts that I have. Not political [聴衆笑].
Not political, but rather of a human concern. When I look at the world with so many isolationist tendencies, [上の動画はこのあたりから] I get very worried. And I know I’m not alone. [聴衆拍手]
[...政治的にではなく、ひとりの人間として、いま世界に多く見られる孤立主義的な傾向を懸念しています。これは私だけではないと思います。]
You know, I lived in this country for many years. I was married in this country
[※注: ここで、バレンボイムがイギリスの伝説的チェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレ(1945-1987)と結婚していたことを皆思い出すと思います。]
and I lived here for many years, and I was shown so much affection whilst I lived here that this kind of gave me the impetus, if you want, to say what I would like to say.
I think the main problem today is not the policies of this country and of that country. The main problem of today is that there is not enough education. [拍手] That there is not enough education for music, we’ve known for a long time. But now there is not enough education about whom we are, what is a human being, and how he is to relate with others of the same kind.
[問題は特定の国の政策ではなく、十分な教育がなされていないことです。そして音楽教育もです。我々が何者で、人間とは何で、他者とどう向き合ったらいいか、についての教育です。]
That’s why I say it is not political, but of human concern. If you look at the difficulties that the European continent is going through now, you can see why that is, because of the lack of common education. Because in one country they don’t know why they should belong to something where there are other countries too. And I’m not talking about this country now. [笑] I’ll come to that. I’m talking in general.
You know, our profession, the musical profession, is the only one that is not national. No German musician will tell you ‘I am a German musician, and I will only play Brahms, Schumann and Beethoven. [聴衆笑いと拍手] We had very good proof of it tonight.
If – let me stay out of Great Britain – if a French citizen wants to learn Goethe, he has to have a translation. But he doesn’t need a translation for the Beethoven symphonies. This is why music is so important. And these isolationist tendencies and nationalism in its very narrow sense is something that is very dangerous and can only be fought with a real, great accent on the education of the new generation. We are probably all too old for that. But the new generations, they have to understand that Greece and Germany and France and Denmark all have something in common called European culture. [拍手]
Not only the Euro. Culture. This is really the most important thing. And also in this cultural community called Europe there is a place for diverse cultures, for different cultures, for a different way of looking at things. But this can be done only with education. And the fanaticism that exists in the world, with religious backgrounds, can also only be fought with education.[拍手]
Religious fanaticism cannot be fought with arms alone. The real evils of the world can only be fought with a humanism that keeps us all together. Including you.
And I’m going to show you that I really mean it. [「威風堂々」の演奏...]

[追記] BBCプロムスの公式サイトでもこのスピーチの動画がアンコール曲「ニムロッド」「威風堂々」の演奏と並んで公開されていた。

[さらに追記]
・イギリスのEU離脱派、独立党ファラージ党首はツイッターで「BBCはプロムスをEU離脱反対運動に利用した」とBBCを激しく批判。
・多くの人が参照していた比較的冷静な批判は、保守派の政治ジャーナリストの記事で、「バレンボイムは音楽だけで十分多くのことを語っていたのに、スピーチは一方に教育があり他方にはないかのような言い方で、人々を団結させるより分断させるものであり、残念な行為だった」という内容。

関連記事

コメント

反Brexit = 反ユダヤ主義

はじめまして。先月にはコービン労働党党首がグラストンベリーに登場し、プロムス初日にはEU賛歌の「歓喜の歌」をユダヤ人ピアニストが演奏、そしてこの左翼ユダヤ人(パレスチナ名誉市民)バレンボイムのスピーチですね。
Brexitやアメリカ大統領選は、裏ではユダヤvs反ユダヤの戦いであったと思います。EUはイスラエル製品ボイコットと運動とムスリム移民を推奨し、パレスチナへ送金しています。トランプの父親はNYブルックリンでホロコーストから逃れたユダヤのコミュニティやシナゴークへ莫大な寄付をした人で、親イスラエル派トランプの子供5人のうち4人はユダヤ人と結婚しているか付き合っています。
英米の有名なユダヤ人はほとんどが左翼と言っていいでしょうね。反ユダヤ主義と呼ばれませんし、ユダヤ人がユダヤ人を洗脳するのが一番良いからです。
問題は、こういう人達は雇われているのか、脅されているのか、自身の思想なのかですが、わざわざ授賞式やコンサートでスピーチする辺り、やはり使われているのではないかと思います。

2017/07/26 (Wed) 10:36 | Kino #ghMh4Dm2 | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック