2017.06.24
Sat

若い音楽家のためのチャイコフスキーコンクールで北村陽さんが1位

カザフスタンで開催されていた「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」チェロ部門で22日、中学1年の北村陽さん(13)が1位になったそう![朝日新聞神戸新聞 17.06.23 写真も]。

北村陽さんが最終審査で弾いたチャイコフスキーの「ロココ風の主題による変奏曲」の演奏が聴けないかと思って公式サイト経由で探したら、YouTubeのこのライブ動画の1時間45分過ぎのところから約20分間映っていました。本家チャイコフスキーコンクールのように高画質のストリーミング放送とはいきませんが…

[追記] 後日、もっと画質のいい動画がアップされているのを知りました。

北村陽さんは小学生のときから有名で、日本チェロ協会の「チェロの日」でも演奏を聴かせてもらったり、チェロアンサンブルで一緒に弾かせてもらったことがあります。実は、二人で並んで一緒に撮ってもらった写真もあります。

その陽くんが中学生になって、海外でオーケストラをバックに堂々とロココ変奏曲(いま自分が弾いている曲でもある)を弾く姿を見るのは感慨深いです。もちろんこれから演奏を聴かせてもらえる機会ならたくさんあるだろうと楽しみにしています。

快速のフィナーレを弾き終えると、高々と弓を挙げる姿が陽くんらしいなと思いました。大きな拍手と掛け声が聴衆の反応を物語っていると思います。

[さらに後日追記] 北村陽さんの第1次ラウンドの演奏。ポッパー6番、ショパン「ノクターン」20番、パガニーニ「モーゼの主題による変奏曲」など。

第2次ラウンド。バッハ無伴奏チェロ組曲3番プレリュード,サラバンドなど。

これだけの質と量のレパートリーを求められるコンクールのレベルの高さにも驚きますが、それを13歳で弾きこなしてしまう北村陽さんもすごい。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック