2017.06.12
Mon

親欧州音楽家のコンサートレポート

チェリストのアルバン・ゲルハルトが中心になって先月ベルリンで開かれた、自由なヨーロッパを守ろうという音楽家たちのコンサートのようすが、ベルリンフィルの人気ホルン奏者サラ・ウィリスのテレビ番組 Sarah's Music でレポートされていました[ドイチェ・ベレ、英語]。

アルバン・ゲルハルトのインタビューをはさみながら、彼が1番チェロ、アリス=紗良・オットのピアノでポッパー「レクイエム」Op.66の演奏が5分30秒くらいから。

樫本大進さんらも出演したこのコンサートは、まだFacebookでライブ動画が見られます。プログラム詳細はこちら

関連記事

タグ : アルバン・ゲルハルト 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック