2017.06.09
Fri

レッスン #326

ポッパー32番。長いスラースタッカート。これは練習で音程を取るのにしばらく苦労した。 前半ページの6-7段目、後半ページの3-4段目など。前半ページ6段目にある11小節:
popper32-2.png
赤い矢印(↑)を記したところは、♭をつけるべきミスプリントと思われた。

ブラームスのソナタ2番Op.99。1楽章を1度通し。 2弦のトレモロは、高いA-D線のときには楽器を少し右に、反対に低いG-C線のときには左に傾けるようにしてみた。 右手の肘の高さだけで調節してもうまくトレモロにならないと感じたからだ。R子先生「それ、わたしもやります」。

譜読みしてきた2楽章も1度聴いてもらう。 この楽章は、チェリストで藝大准教授の中木健二さんが、以前インタビュー[過去記事]で「20年間ため込んだラブソング」と表現していた、とても美しい楽章。 ただし、その美しいラブソングは、シャープ6つの茨に覆われていて(嬰へ長調)、安易に近寄られるのを拒んでいるかのよう。 譜読みでいくつか思い込みで間違えて弾いているところを指摘された。 次回以降も1,2楽章を引き続き。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック