2017.05.31
(Wed)

エリザベート王妃コンクール・チェロ部門ファイナル

ベルギーで29日から始まったエリザベート王妃国際音楽コンクールチェロ部門ファイナル、公式サイトから見られるライブは日本時間の午前3時からなので見るのは難しいですが、翌日には各ファイナリストの演奏がVideos→Final というところで見られるようになっているようです。またはベルギーの放送局RTBFのAuvioというページの少し下にスクロールしたところでも。

[追記] RTBFの初日29日のライブ映像では、ファイナリストの演奏の前後に放送席の解説者としてジャン=ギアン・ケラス2日目にはオフェリー・ガイヤールがコメントしていました。フランス語だけなので理解できなかったのが残念でしたが…。中継映像の公開期間は放送から1週間。15秒程度のベルギーのCMの後。

ファイナリスト12人中、今4人が終わった時点でフランスの22歳オーレリアン・パスカルの評判がとてもいいような…いや、わかりませんけど。

ファイナルの日程と演奏順・曲目は公式サイトにあるPDFに。 日本の岡本侑也さんは現地6月1日(日本時間2日早朝)の2人目でドボルザークのチェロ協奏曲。 結果は3日夜(日本時間4日朝)発表の予定。

***

[追記1日] ファイナルを前にした岡本侑也さんの紹介ビデオ[RTBF]。岡本さんの話すドイツ語にフランス語の字幕付き。昨年から借り受けているテストーレのチェロのこと、庭に出て弾くのが好き(?)なこと、本番前にはバナナとチョコレートでエネルギーを補給することなど。

[追記2日] 岡本侑也さんのファイナルの演奏。細川俊夫氏の課題曲"Sublimation(昇華)"とドボルザークのチェロ協奏曲。最後のブラボーの声がすごい。

ベルギーの新聞La Libreのこの記事は、黒い髪と大きな眼鏡、難曲を笑顔で弾き切る岡本さんを「チェロのハリー・ポッター」と表現。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック