2017.05.26
(Fri)

レッスン #325

ポッパー31番。3連符系の長いスラーで細かいシフトと大きな跳躍、それに重音。練習では最後の3度重音の上りに苦労した。跳躍の音程がよく取れていることを褒められたけど、これが実戦だとどうか。

新しくブラームスのソナタ2番Op.99。まずは1楽章の最後まで譜読みの確認。 頻繁に出てくる2弦のトレモロを何度も。手首を小さく使うだけで滑らかに弾けるように。

この曲を譜読みするだけでピアノパートのすごさに圧倒される思いがして、まだこの曲でピアノに合わせてもらう自分を思い浮かべることができないのだが、少しこの曲に近づけたような気がした。

***

教室のカウンターのところでは、JASRACが音楽教室から演奏著作権料を徴収すること[過去記事]に反対するポスターが貼られ、署名を集めていた。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック