2017.05.25
Thu

シュタルケルの小物

アメリカのチェロ掲示板でたまたま見つけた話ですが、4年前に亡くなったチェロの巨匠、ヤーノシュ・シュタルケル(1924-2013)の遺品だとする小物が大量にオークションサイトのeBayで売りに出されていました[リンク : eBay]。

これらの小物は、シュタルケルの音楽室や書斎にあったものだとされる約100点で、 チェロや音楽にちなんだ置物、ペーパーウェイト、譜面台、肖像画などの他、ヘビースモーカーだったシュタルケルらしく、たくさんの灰皿も。

どれも開始価格5ドル~20ドルくらいで、あと1週間くらい入札期間があるようです。 コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ(48年録音/Pacific 78rpm)/ファリャ:スペイン民謡組曲(Pacific 78rpm)/コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ(50年録音/Period)
シュタルケル(ヤーノシュ) |

「だとされる」と書いたのは、ふつうシュタルケルほどの巨匠ならば、財団やシュタルケルの場合インディアナ大学などが遺品管理を信託されて、簡単にインターネットのオークションに出てきたりはしないのではないか?と思ったので…それとも、管理する価値もないほどの「がらくた」と判断されたのでしょうか。

もし、確かにシュタルケルが使ったものだという鑑定書のようなものでもつけてくれれば、灰皿1枚でもたいへんな「お宝」になるように思うのですが…

[追記: 関連過去記事] ピアティゴルスキーの旧居売却と遺品アーカイブ

[さらに追記] その後、シュタルケル財団[HP,Facebook]という団体がシュタルケルの遺品を管理しており、シュタルケルの娘さんが記録として残すものを整理する一方、家具等は地元ブルーミントンの古物商で、小物はeBayの上記リンク先で売却する、と書かれているのを見つけました。
だから上のeBayの出品は信用してよさそう。
また、今回売りに出されているもののうち木製の譜面台は、生前のシュタルケルの部屋で収録されたインタビュー動画に映っているものじゃないかという気がしました。

関連記事

タグ : シュタルケル 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック