2017.05.21
(Sun)

弾き合い会

150707m.jpg

去年から仲間と練習してきたヨンゲン「2つの小品」Op.89も、そろそろひとつ「本番」で試してみようか、ということで20日、 空音舎主催の会「弾き合ゐの空」で弾かせていただいた。

定期的に開かれているというこの会、小規模で和気藹々とした中にもちゃんとした演奏会としての緊張感もあって、 初本番の腕試しとしてはまことに程よい場を提供してくれているわけ。

会には弦楽器を中心に10組ほどで、聴衆は出演者を入れて30名ちょっとだったか。 変わったところでは、テルミンという楽器[Wikipedia]を初めて生で見て聴いた。

リハーサルの前にロビーで小さな円陣を組んで、「推進力」を持って少し前に行こう、と話し合い。これは賛成だった。あとは冒頭のハーモニー。

本番では、練習してきたことはかなり出せたのではないかと思うけど、どうだったか。 「推進力」を意識した反面、仲間の一人は「急ぎすぎたかも」と言ったけど、録音を聴いてみたらあまりそうは思わなかった。 前に行こうとした3連符がほんの少しかすれたか、というようなことはあったかも知れない。

聴いてくれた人たちからは「おもしろい曲ですね」「不思議な曲ですね」など。 できれば、聞きたいのはそのもう少し先の「で、私たちの演奏はどうでしたか?」ということなのだが、本番というものは聴衆にそういうことを言ってもらえるのを期待しても仕方のないことで…

自分としては、この仲間4人でこの難しい曲を深く読み込んで、ここまでのアンサンブルができるようになっただけでも、けっこう満足感・達成感を感じてしまっているかも知れない。しかも第一人者のプロにレッスンしてもらう機会だってもらうことができたのだ。

ただ、まだ本番1回だけだし、今回は「2つの小品」のうち第1曲だけだったし、4人が全パートを弾くという目標もまだ3巡目の途中ではある(今弾いているのはVc3)。 何より、これだけ「楽譜通り」に弾けるようになったのに、もっと本来のいい曲に聴こえるにはどうしたらいいいんだろう?…というのは、もう少し4人で探究してみたいと思っているところ。

関連記事

コメント

よしさん
本番お疲れ様でした!
今回は、お会いするだけでなく、演奏される「生よしさん」(!)と再会ができて、更に嬉しい一日となりました♪
チェロを弾かれるよしさんとの再会、数えてみたら多分五年ぶりかもしれません。。

息の合ったアンサンブル、さすがですね!
パートも回している、と、ブログで拝見してましたが、他のパートを知っていることって、アンサンブルには最重要課題の一つ、と言っていいほど大事なことですものね。
信頼関係がしっかりできている仲間たちで奏でるチェロカルテット、とても素敵でした。
和音の難しい曲、私はすみません初めて聴きましたが、主役と伴奏、ではなくどのパートも重要で、弾き甲斐がありますね。
また夏にも本番があるんですね、更なるアンサンブル目指して、楽しんでください♪

空色ケース、覚えました^_^

2017/05/23 (Tue) 10:11 | ひみゆ #LWshcgts | URL | 編集

> ひみゆさん!
当日は思いがけずお会いできてうれしかったです。そういえば弾いているところを聴いてもらうのは久しぶりでしたね…本番前後だとゆっくりお話できなくて残念でした。またご一緒しましょう!

2017/05/23 (Tue) 11:43 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック