2017.05.02
Tue

「走るビオラ」がフルマラソン挑戦

viola-costume.jpg

先日、ビオラのコスプレでハーフマラソンを1時間19分台と速いタイムで完走したイギリスの音大生は、おととい30日にバーミンガムで開催された10キロレースにも同じビオラのコスプレで出場。約8千人の参加者中45位、36分32秒の好タイムでまたしても完走したそうです。その目立つルックスから地元のメディアなどにも取り上げられていました。

彼の目的は、アフリカの子どもたちに音楽教育の機会を提供するプロジェクトへの募金を呼びかけること。 専用のツイッターフェースブックのアカウントも作っていました。

10キロレースの前に公開された予告動画。

その彼は、今年10月のバーミンガム国際マラソンでいよいよフルマラソンに挑戦して「楽器の扮装によるフルマラソン完走」のギネス世界記録を目指すことを表明。それまでの歩みは、地元テレビ局が密着取材することになっているそうです。

これまでの成績を見ると、彼はフルマラソンも3時間を切る好タイムで完走するのは間違いなさそうに思え、音大生・音楽家としては世界的に見てもトップクラスのランナーではないかと思いますが、果たして音楽とマラソンの練習の両立ができるのか、なんだか心配になってきました…

チェリストでランナーといえば先日、フルマラソンを完走したその日にドボコンを弾いたかたの話がありましたね。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック