2017.04.29
Sat

チェロカルテットレッスン2

GW初日、去年から仲間と練習しているチェロ四重奏、ヨンゲン「2つの小品」Op.89 [楽譜@ELISE] をプロ奏者Fさんにレッスンしていただく。 去年の暮れに1度レッスンをしていただいて、今回はパートを入れ替えて2回目。 全員が全パートを弾く企みは、3巡目になった。

第1曲を弾き終わると、やや間をおいてFさんが「減点法で言うと…」、何を言われるのかと思ったら「かなり高得点です」。 しかし、要するに、タテは揃っている、でも聴くお客さんの立場になってみるとおもしろくない、あとは音色や雰囲気、この曲の表現の大半は「弓の返し」にあって…という調子で始まり、音を1つ1つ細かく、実際に弾いて見せながら、ときどき絶妙なたとえ話をまじえながら、レッスンして下さった。

たとえ話の例を1つ挙げると、車を30センチ動かすペダルしか持ってないから、駐車場であと10センチだけ壁に寄せたいというときにガンと壁にぶつけてしまう…という話は、弓のコントロールについて誰でもが身に覚えのあることだと思う。

Fさんにレッスンのスケジュールをもらう経緯の中でそういうものかと思ったのは、プロの方は本番のスケジュールが決まっていると、アドバイスしやすいもののよう。そりゃ、本番が来週なのか3ヶ月後なのかによってアドバイスすることが違いますよね。

われわれアマチュアは、曲や演奏技術を学ぶという「インプット」が目標なのに対して、プロは本番で人に聴いてもらうという「アウトプット」が目標、といえると思う。だからプロは、本番が決まっていなくても練習し続けられるアマチュアのことは、ちょっと理解に苦しむのかも知れない。

そういうわけで、この曲はもう一度レッスンを受けてから5月と7月の2回、本番─とはいえごく内輪の会─で弾かせてもらうことにした。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック