2017.04.16
(Sun)

指が痛い

今週はオケの練習はなく、ピアノ四重奏とチェロ四重奏の合わせ。日々の練習では、重音のポッパー29番と新曲の譜読み。

実は先週から左手の人差し指が痛い。痛くなったのは日曜日、チャイコフスキーの交響曲でオクターブの反復を1-4を開いて弾いた時だと思う。 月曜日には指を休めたが、火曜日からはテーピングをしながら控えめに練習再開した。

ポッパー29番は重音が多くて難しいエチュードだが、高いポジションが多く、オクターブの重音も親指と3とで弾けるので、1の指にあまり負担がかからないのが幸い。

オクターブの重音は得意ではないけど(得意な人なんているだろうか?)シュレーダーの3巻あたりから少しずつできるようになった。少しでもできるとR子先生が大げさにほめてくれるので嫌いではない。それにオクターブの重音ができるようになると、協奏曲にも挑戦しましょうか、ということになる。

オクターブの重音といえば、名手ダニイル・シャフラン(1927-1997)のシューベルトのアヴェ・マリアの演奏をずっと前、 都響の長谷部一郎さんのブログを通して知った。この演奏、独特の指使いやビブラートにも驚くのだが、後半2分55秒くらいから旋律をオクターブの重音、しかも低いポジションでは1-4の指で弾いているのだ!

今は、この動画を見ているだけで指がズキズキしてくる....

関連記事

コメント

凄い練習量がいりますね。休んだ方がいいと思いながら休めない気持ちがよく分かります。お大事に!チェロ四重奏は何を弾いているでしょうか?

2017/04/17 (Mon) 17:20 | めめ #- | URL | 編集

> めめさん
ありがとうございます!チェロ四重奏は去年からやっているヨンゲンの「2つの小品」をまだしつこくやっています。
楽しみを途切れさせずにすむよう、休み休みやっていこうと思います。

2017/04/17 (Mon) 19:04 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック