2017.04.12
(Wed)

チェリストも飛行機から降ろされる

アメリカでユナイテッド航空が定員超過で乗客の一人を無理やり引きずり降ろしたことがニュースになりましたが、 その少し前、やはりアメリカで、チェリストがアメリカン航空の国内便から降ろされたことが──ユナイテッド航空の件に比べれば小さな──ニュースになっていました[abcnews 17.04.05]。

このチェリストは演奏家でチェロ教室も主宰するジョン・カボフ氏(46)で、4日ワシントンD.C.からシカゴに仕事のため、チェロの席も購入してアメリカン航空に搭乗したところ、チェロが座席に固定できず床に着いてしまうため危険だというのを理由に飛行機から降ろされてしまったのだそうです。カボフ氏はしぶしぶ従うとすぐに自分のフェースブックページに、起こったことを説明する自撮りの動画をアップしたので、 メディアが取り上げることになったようです。

どうやら乗務員が、延長ベルトを使えば座席にチェロを固定できることを知らなかったよう。

アメリカン航空はすぐに謝罪し、カボフ氏は次のシカゴ行きの便に乗ることができ、チェロの席の代金150ドルを全額払い戻ししてもらったのだそうです。

飛行機の安全な運航には色々事情があることは理解できますが、搭乗した後に乗客を降ろすというのはまずその時点で、相当まずい対応(あるいは「よほどのこと」か)だと言えるでしょうね。

それにしても、カボフ氏はこのアメリカン航空の件で飛行機でのチェロの扱いについて世に広く知らしめようとしていたのに、数日後に起こったユナイテッド航空の件ですっかりかすんでしまって、今ごろ複雑な心境なのではないかと思います…

関連記事

タグ : チェロ事件簿 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック