2017.04.09
Sun

映画「ジャッキー」にカザルス

鳥の歌-ホワイトハウス・コンサート カザルス(パブロ)

現在公開中の、ナタリー・ポートマンがジャクリーン・ケネディ大統領夫人を演じた映画「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」には、 あのパブロ・カザルスがホワイトハウスに招かれて「鳥の歌」などを弾いたコンサートのシーンが描かれているらしいですね。

J.F.ケネディ大統領暗殺(1963年)の前後を描いた映画で、"ジャッキー"と呼ばれアイドル的な存在だった彼女がいかにして夫J.F.ケネディを「偉大な大統領」にしたかを描いた映画。

カザルスのホワイトハウス・コンサートのシーンはオリジナルの予告編でちらっとだけ見ることができます(1:33くらい. 日本版の予告編ではカットされているよう)。

カザルスを演じているのは実際のチェリスト、ローラン・ピドゥ(仏1946-)[IMDb]。

カザルスのホワイトハウス・コンサート(1961年)について、 カザルスはスペインの独裁政権に抵抗し、若いケネディ大統領の自由主義的な考え方に共鳴した、というような背景から語られることが多いように思うのですが、この映画では、一流の音楽家をホワイトハウスに招くことによって、文化的にも夫ケネディ大統領とアメリカとを偉大に演出しようとしたジャクリーン夫人、という側面を描いているようです。

対して、今の大統領は、という目でも当然、見られるのだろうと思います。

予告編を見ると、ローラン・ピドゥの姿がカザルスに生き写しのような気がします。映画をご覧になる方はカザルスの演奏シーンもチェックしてみてください。

[追記] この映画出演についてローラン・ピドゥのインタビューがフランスLa Depeche紙の2月の記事に載っていました。それによると出演のきっかけは、この映画の監督がカザルス役を探していることを、やはりチェリストの息子が知り、頭が禿げていて似ていたことから。映画の中ではもちろん実際にチェロを弾いているそうです。
撮影中のエピソードとしては、演奏の終わりのシーンでナタリー・ポートマンが近づいて手を差し出したので、台本にはなかったが、すっかりパブロ・カザルスになりきってその手にキスをした…ということです。

関連記事

タグ : パブロ・カザルス  ドラマのチェロ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック