2017.04.07
Fri

ドラマ「やすらぎの郷」

この4月から新しく始まった、倉本聰さんが企画・脚本を手がけたドラマ「やすらぎの郷」[テレビ朝日]。石坂浩二、浅丘ルリ子ら豪華なキャストが演じるのが、同じ老人ホームで暮らす往年のスター達、という設定も注目なのだが、石坂浩二演じる脚本家(もちろん倉本聰さん自身と察しがつく)が暮らしていた所として善福寺が出てくる。→やすらぎの郷 第1話 2017年4月3日放送分 [GYAO! 4月10日まで視聴可能]

テレビ界を引退した人専用の老人ホームという設定は、イタリアに実在して映画の舞台にもなったヴェルディの「音楽家のための憩いの家」に着想を得ているのではないかとも思ったけど、われわれでもよく親しい友人たちと「ここにいるみんなで同じ老人ホームに入ったら楽しいのに」と言い合ったりすることがあるから、まあ誰でもが夢見る「夢物語」なのかも。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック