2017.04.03
Mon

先週の練習

ポッパーの28番。その次の29番がとても難しい重音のエチュードなので少し先読み。

ロココ変奏曲は、そろそろ区切りをつける潮時かも知れない。せめて第2変奏までは正確な音程で仕上げたい。 次のポジションの手のかたちを予測していることが大事ではないかと思っているのだが、なかなかノーミスとはいかない。

レッスンで次に習う曲を何にするか思案中。 こういうときラフマニノフのチェロソナタを思わないでもないのだが、そういった曲は、ピアノを引き受けてくれそうな人のことを思い浮かべられないと、ちょっと選ぶことができない。

チャイコフスキーの交響曲4番2楽章の旋律についていろいろ考えていて、やはりD線だけで弾くものだろうなと思って練習。例の1音がラでなくファなら、そのときはG線を使うかも知れない。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック