2017.03.30
(Thu)

チャイコフスキー交響曲第4番2楽章の旋律

今年オーケストラで取り組んでいるチャイコフスキー交響曲第4番の2楽章を練習していて気づいたこと。 ここは哀愁漂うゆったりした旋律をオーボエ→チェロ→ビオラ→バイオリン...と、同じ旋律をかわるがわる受け継いでいくところ。

この旋律は、ちょうど先日、宮田大さんが「エストレリータ」を弾いたNHK「らららクラシック」の「胸がキュンとなる名曲集」(Eテレ 3月11日放送)でも、「チャイコフスキーの哀愁」を代表する旋律として取り上げられていた。司会の加羽沢美濃さんの言葉を借りると、オーボエによる「独白」があって、チェロで「仲間」が寄り添い、ビオラが「共感」を集め、やがてバイオリンによって「浄化」され、最後にファゴットが「希望」を表すといったように、同じ旋律を楽器を替えて奏でることによってストーリーが生まれる…といったことだった。

この2楽章の「胸キュン」の旋律が、とても細かいことではあるのだが、なぜかチェロが弾くときだけ1音違うのだ。 譜例(17~29小節)の28小節にある赤く丸で囲った音はラになっているが、前後にある他の楽器の旋律では全てファになっている。
tchai4-m2.png

チェロだけ線を1本間違えて書いたことも考えられるが、スコアでもこの通り「ラ」になっているので単純なミスとは考えにくい。同じ旋律を楽器を替えて引き継ぐ、という一貫性を考えれば「ファ」なのかも知れないが…

演奏例を見ると、カラヤンのこれなどはチェロも「ファ」で弾いている。バーンスタインのこれも「ファ」で弾いていた。その一方で、「らららクラシック」で流れたブロムシュテット指揮N響の演奏では「ラ」で弾いていたように思われた。下のバレンボイム指揮シカゴ響の演奏でも「ラ」で弾いている(0:57あたり)。

困ったことに、どちらでもこの上なく美しい旋律であることに変わりがなく、どちらも「あり」だと思えてくるのだ…こんどの練習のとき、指揮の先生にうかがってみるつもり。

関連記事

タグ : オーケストラ 

コメント

Whenever we, the cellists, get to play a
melody like this, it always makes me feel so lucky to be able to play this instrument.
Even the same melody played by different
parts, cello always has that special extra
touch that reaches out its audience. Agree?
several months with this symphony,
しあわせだね〜Yoshi さん^_^

2017/03/30 (Thu) 23:32 | めめ #- | URL | 編集

Absolutely! まったくその通りです。本番までしばらくの間、この旋律をどうやったらチェロできれいに弾けるだろう、と考えながら過ごせるのは幸せなことです。
なんだかこの記事を書くために動画をいろいろ見てから弾いてみたら、少しヒントが見つかった気がします…ありがとうございます。

2017/03/31 (Fri) 01:40 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

No title

この記事を読んだ後コンサート情報を見ていたら、日本フィルが今日この曲を演奏するとのことで、なんだか縁を感じ当日券で聴きに行ってきましたが、すっかり興奮して、チェロがどっちで弾いていたか気にすることを忘れていました(笑)
とにかくよい1日になりました、ありがとうございます。
これからも楽しみにしています。

2017/03/31 (Fri) 04:55 | ごりら #- | URL | 編集

> ごりらさん
おお、そんなコンサートが...ありがとうございます。いま日本フィルのスケジュールを見たら東京芸術劇場、山田和樹さん指揮ですね。それはそれは良かったでしょう。そのひとときにあっては、チェロがどっちで弾いていたかなんて、細かいことですよね...

2017/03/31 (Fri) 11:48 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

No title

この美しい旋律をチェロとピアノのために編曲されたもの(林良一 編)を演奏したことがありましたが改めて見直しましたら、ラで弾いていました。どちらもあり、ですね。

2017/03/31 (Fri) 14:52 | Meginchi #- | URL | 編集

> Meginchiさん
ほお、そんな楽譜が…そこでもラだということは、このラはかなり「由緒正しい」ということになりそうですね。ありがとうございます!

2017/03/31 (Fri) 18:18 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

No title

先ほどのコメントの読譜の間違いを訂正させてください。その楽譜の音の並びはラではなくファでした。つまり、ほかの楽器と同じ旋律になっています。

2017/03/31 (Fri) 22:47 | Meginchi #- | URL | 編集

指揮の先生にうかがった結果

オーケストラの練習のとき、指揮の先生にこの旋律でチェロが1音だけ違うことについてうかがってみたところ、さすが先生はご存知で、チェロの1音だけ違うのが「面白さ」だということに(多くの指揮者の間では)なっているのではなかったかな、ということでした。
逆に、チェロも他の楽器に合わせている演奏がありますか?と聞かれたので、カラヤンとバーンスタインがやっていましたとお答えしたら少し驚いておられました。

2017/04/10 (Mon) 12:49 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック