2017.03.23
(Thu)

エリザベート王妃国際音楽コンクール2017チェロ部門

5月8日からベルギーのブリュッセルで行われるエリザベート王妃国際音楽コンクール2017[公式サイト] で今年初めて開催されるチェロ部門の参加者70名と、審査員の名前が発表されていました。

日本からも7名の方(二重国籍2名含む)が参加するようなので、がんばってほしいです。 このコンクール、これまでピアノやバイオリンの部門で日本人が入賞するとニュースになったりしていたので、注目されることでしょう。

審査員には、ゴーティエ・カプソン、ミッシャ・マイスキー、トルルス・モルク、アントニオ・メネセス、ピーター・ウィスペルウェイ、 ジャン・ワン、フランス・ヘルメルソン、ダヴィド・ゲリンガス…らビッグネームがずらり! これは相当力が入ったコンクールと言っていいのではないでしょうか。

コンクールは、第1ラウンド-セミファイナル-ファイナルとあって、ファイナルではオーケストラをバックに参加者の選んだ協奏曲のほか、大会が委嘱した未発表作品を弾くことになっているのが特徴的。 また、第1ラウンドではピアノ伴奏曲のほか、大会側が指定したチェロ奏者の伴奏でボッケリーニのチェロソナタを弾くことが課題になっていて、これはあまり他のコンクールにはないことなんじゃないか?…と思いました。

このコンクール、今どきのコンクールですから当然ライブストリーミング中継もあると思います。情報は公式サイトの他、フェースブックツイッターでも。

関連記事

タグ : ピーター・ウィスペルウェイ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック