2017.03.14
Tue

ヨーヨー・マがサロネンのチェロ協奏曲を初演

指揮者として有名なエサ=ペッカ・サロネン(58)が新しくチェロ協奏曲を作曲し、 先週9日から11日まで3日間、サロネン指揮シカゴ交響楽団の公演で、ヨーヨー・マによって初演されたそうです。

この曲は、サロネンがヨーヨー・マが弾くことを想定し、シカゴ交響楽団やニューヨーク・フィルなどの共同委嘱作品として、2年間をかけて作曲したチェロ協奏曲で、 サロネンとしては初のチェロ協奏曲(過去にピアノ協奏曲とバイオリン協奏曲が1曲ずつ)。 3つの楽章から成り、12音技法の音の塊の中からチェロの旋律が立ち上がると、やがてオーケストラの楽器群が チェロのソロを"彗星の尾のように"追いかけ、後半にはチェロのソロを電子機器を使ってループさせる箇所もあるのだそう。

終楽章でチェロと民族打楽器がやりとりするところは、ヨーヨー・マのシルクロード・アンサンブルに着想を得ており、 最後はチェロが最高音のB♭まで上っていくらしいのですが、 初めサロネンは1オクターブ下で書いていたけど、ヨーヨー・マは1オクターブ上で弾けると言ったのだそうです[Alex Ross, New Yorker]。

今週15日からはニューヨーク・フィルハーモニックの公演で披露されるそうで、ニューヨーク・タイムズの13日付けの記事でも、サロネンとヨーヨー・マの対談と共に紹介されていました。「数年前、二人はコンサートの後、マティーニを飲みながらチェロ協奏曲を書く約束をした。問題はその翌朝、何を約束したかよく思い出せないことだった…」。

先日、プロコフィエフの交響的協奏曲を聴いたときに読んだ話ですが、かのロストロポーヴィチが同時代の作曲家に書かせた曲は、チェロ協奏曲だけで70曲以上あるそう。 その演奏家のために作曲家がどれだけ新しい曲を書いてくれるかも演奏家の偉大さを示すものと言えましょう。

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック