2017.03.10
Fri

"走る"理由

合奏しているうちに無意識的にテンポが速くなるメカニズムが、東京大学の研究で解明されたとのこと。

東大、合奏のテンポがしばしば無意図的に速くなってしまう原因を解明 [日経プレスリリース 17.03.09] YAMAHA メトロノーム ブラック MP-90BK

音楽を演奏する際、演奏のテンポがしばしば意図しないのに速くなってしまうのは、従来は演奏者の緊張や高揚によるものと思われていたけど、二人組で一定リズムを保つタッピングをやらせると、単独で行った場合より速くなりやすく、これは速くなりがちな人が一方的にリードしたためというより、二者のうち早いほうに合わせて修正しようとするためだということがわかったのだそう。原論文はこちら[Nature 英語]。

これはなんとなく経験的にうなづけるところがあります。逆に、ゆっくりのテンポの楽章だとだんだん遅くなってしまうことがあるような気がしますが、あれは遅いほうに合わせてしまっているのかも。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック