2017.03.03
(Fri)

ゴーティエ・カプソンのマスタークラス

フランスのゴーティエ・カプソンとルイ・ヴィトン財団は毎年、世界から若手チェリスト6人をパリに招いて公開マスタークラスやコンサートのシリーズを開いていますが、先週26日にパリで行われたコンサートの様子がmedici.tvで見られるようになっていました →THE CONCERT OF THE LAUREATES[medici.tv]。

これまでに行われた公開マスタークラスの様子も→ 去年11月20日(ラフマニノフのソナタ1楽章、ドボコン1楽章)、 今年1月7日(ドボコン3楽章、ブラームスのソナタinF)、 今年2月25日(フランクのソナタ、ショスタコ協奏曲)。

カプソンは生徒によってフランス語と英語を使い分けているよう。

YouTubeにあった紹介動画。

チェロ界は毎年のように世界中からすごい若手が現れてきますが、ここに映っている若手チェリストたちも、まもなくその名を聞くことがあるかも。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック