2017.02.21
(Tue)

吉祥寺に吉祥寺なし

近年、チェロを持ってそれまで馴染みのなかった駅で降りることが多くなったのだが、 東京にある護国寺、祐天寺、泉岳寺など「寺」がつく駅の近くには必ずその名のお寺があるよね…と仲間と話していたら「本当ですか?」と言われて不安になったので確かめてみた。

上にあげた護国寺、祐天寺、泉岳寺のほか、高円寺、国分寺、豪徳寺にはその名のお寺が確かにある(善福寺には鉄道の駅はないがお寺はある)。

ところがお隣の吉祥寺に吉祥寺というお寺はないことを今頃になってはじめて知った。 あのあたりにもお寺がたくさんあるので、そのひとつが吉祥寺というのだろうと長年思っていた。

このあたりの事情を書いてくれているのがマイナビの2014年の記事で、かいつまむと江戸時代の昔、本郷元町(現在の水道橋駅近く、本郷一丁目、都立工芸高校一帯)にあった曹洞宗諏訪山吉祥寺とその門前町は、明暦の大火(1657)で焼失し、お寺は現在の本駒込に移されて現存[文京区]、門前町は幕府の斡旋により現在の武蔵野市に代地を与えられて移ったので、現在のあのあたりを「吉祥寺村」と呼ぶようになったのだそうだ。吉祥寺村! kichijoji.jpg

吉祥寺といえば去年「住みたい街ランキング」の1位からついに陥落したそうだけど、とは言っても恵比寿に次ぐ2位なんだから、まだまだ元気でがんばって欲しい。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック