2017.02.02
(Thu)

JASRAC、音楽教室から著作権料徴収

JASRACが音楽教室での演奏にも著作権料を徴収する方針を固めた、というニュース。

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も [朝日 17.02.02 他NHK,読売,日経など]

従来は「教育」の場での演奏には著作権料は発生しないものと思っていたが、専門家の解説(1,2)によると、「教育」が著作権料の徴収を免れるポイントは「非営利」ということのよう。 ダンス教室やカルチャーセンターからも著作権が徴収されている前例からしても、法律的には、音楽教室が著作権料から全く免れることは難しいような気がする。

自分も大手の音楽教室(ヤマハ)の場でチェロを習っているので、この著作権料がいずれはレッスン料に転嫁されることになるのではないか?という点で気になる。

しかし、レッスンで使う曲がもっぱら著作者の死後50年以上経過したクラシック曲だというケースは、どのように考慮されるのだろうか?…

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック