2016.12.12
Mon

世界人権デーにハイドン

国連が定める世界人権デーを記念して12月10日、ジュネーブの国連事務局会議場で開かれたコンサートで、ダニエル・バレンボイム指揮の下、今秋来日したチェリストのキアン・ソルタニが弾いたハイドンのチェロ協奏曲第1番がmedici.tvで見られるようになっていました。

HUMAN RIGHTS CONCERT IN GENEVA: Daniel Barenboim Conducts Haydn and Mozart with Kian Soltani [medici.tv]

以下は抜粋映像[medici.tvのFacebookページより]。

ユダヤ系でもあるバレンボイムは、中東の和解のために積極的に文化交流活動をしている人でもあり、 ソルタニもオーストリア生まれ(1992-)ながら中東にルーツを持つチェリスト。 この日のオーケストラもイスラエル、シリア、レバノンなどから集まった若い音楽家たち。

特に中東からの移民問題でヨーロッパの世論が揺れる中、こうした才能ある音楽家たちが一つになって国連で演奏することには、大きな意義があったことと思います。

ソルタニは少し前、演奏中のユーモラスな失敗の動画を自分でアップしていた人。

ソルタニひとりにスポットを当てる演奏会ではないためかソリスト・アンコールはなく、後半はモーツァルトの協奏交響曲 K.297b。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック