2016.12.07
Wed

名曲アルバム

NHK「名曲アルバム」の最新シリーズで、ショパン「序奏と華麗なポロネーズ」Op.3が放送されています。 チェロは遠藤真理さん、ピアノは菊池洋子さん。

映像で流れるポーランド・ポズナンの街並みや、ショパンがここの領主である公爵に招かれて滞在し、現在はホテルになっているという館の風景が美しい! ショパンはここに滞在中、チェロを嗜んだ公爵とピアノを弾く美しい娘の二人のために、この曲のポロネーズの部分を作曲したのだそう(1829年)。

この曲のことは以前、発表会にどうだろうかと思って弾き始めた頃に書いたことがありますが[過去記事]、 そのときはショパンがこのあとウィーンのサロンでデビューしたときに序奏をつけて完成させ、メルクに献呈したという部分にしか注目していませんでした。

でも、母国の美しい風景に囲まれた快適な生活や、公爵やその娘たちとの交流でのショパンの心のときめきを思うと、この曲がより一層いきいきと聴こえてくる気がしました。

番組はこのあと今月中に何度も再放送されるようなのでどうぞ[放送予定]。

[追記] ピアノの菊池洋子さんのツイート。


関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック