2016.12.04
(Sun)

来年の曲

オーケストラの定期演奏会が終わって2週間、ようやく落ち着きを取り戻してきた感がある。これから年明けまでオーケストラは束の間のシーズンオフ。

来年の曲は、チャイコフスキーの交響曲第4番。 ちょうどベルリンフィルが日本時間3日未明のコンサートでこの曲をやったらしく(指揮アラン・ギルバート)、 その前宣伝に、4年前の演奏抜粋をFacebookで紹介していた。こちらの指揮はクリスチャン・ヤルヴィ(パーヴォの弟)。コンサート・マスターは樫本大進さん。

よく見るとチェロセクションの後方には、現在は若き第一首席奏者として活躍しているブルーノ・ドルプレールの姿があり、この2012年当時まだ入団前ながらこうして演奏に参加していたのがわかる。

上は4楽章冒頭。この速くて勇壮な楽章が果たして弾けるのかと少し不安だけど、2楽章にはチェロの美しい旋律があり、楽しみ。

来年の曲にこの曲が選ばれたのは、そろそろこの曲にも「挑戦」してみませんか?…という指揮の先生の団員へのメッセージでもあると思う。 数年前に比べて団員も増え、しかも若い団員が増えて活気が出てきた。これでチェロセクションにも若い人が、もう一人か二人加わってくれると申し分ないのだが…とにかく、そろそろ譜読みを始めておこうか。

関連記事

タグ : オーケストラ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック