2016.12.03
Sat

レッスン #315

2日夜、レッスン。ポッパー21番。長いスラーでシフトしながら、指板の無い高いところから低いポジションでの親指まで。

ロココ変奏曲。第8変奏(フィッツェンハーゲン版ではカットされてしまった、オリジナル版ならではの部分)からコーダまで。テンポはやはりゆっくり、16分音符で100ちょっと。 第8変奏ではめまぐるしく跳躍があり、それでもたまたま音程が当たってしまったので先生にはあまり理解されなかったけど、音程をとるのに苦労した。 コーダの8度の連続がなんとかこなせたのはポッパー効果か。

冒頭に戻って、主題から細かく。主題の3小節目アウフタクトのAを押さえるか開放弦にするか迷う、 という話から先日のブルネロのマスタークラスを聴講したお話をする。 跳躍前の音をだいじに、というのはR子先生がよくおっしゃることでもある。 2つの弾き方を交互に試してみて、開放弦で始める響きもなかなかいいですね…となった。きょうは第1変奏まで。

この後、渋谷から表参道に移動して、松江時代の同窓生たちと忘年会。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック