2016.11.22
Tue

マリオ・ブルネロのマスタークラス

来日しているマリオ・ブルネロによるマスタークラス[日本チェロ協会]。受講者は、すでにソリストとして活躍されている方も含む、才能あふれる3人の若手チェリストの方たち。

その彼らに対してブルネロが語り掛ける言葉が、基本的・具体的で、われわれアマチュアにも「わかる」言葉だったように思い、そのことが意外だった。それは例えば「楽譜に忠実に」といった、要約すれば、われわれの先生が口をすっぱくして言っていることと同じではないか…

ブルネロは、いつものあのマッジーニのチェロで実際に弾いて見せながら。楽譜を見ていなくても、受講者の弾いた曲のスコアが、演奏記号やピアノパートまで含めて、全て頭の中に入っていることがうかがえた。

ブルネロは、同じチェリストに対して実に親しげに語り掛けてくれる。チェリストが大半を占める聴講席にも語り掛け、質問も募ってくれた。ロココ変奏曲の主題のビブラートについて勇気を出して質問した若手に、ここに来て弾いてみなさい、と自分のマッジーニを差し出したときの若手の驚いた表情といったら!(跳躍前の音を大切に、との指導)。

ブルネロが最近まとめた教本 "24 study days for cello" の紹介もあった。彼がヤニグロ先生にもらった30日間の課題をベースにし、見開き1日分に短く、左手、右手、セブシック、バッハなどの練習が組み合わせてあるのだそう。受付にあった分はあっという間に売り切れてしまったらしく、手に取って見ることはできなかった。

ブルネロは英語で話し、通訳つき。最後はバッハの無伴奏組曲2番プレリュードを弾いて聴かせてくれた。ブルネロは明日23日、紀尾井ホールでピアノのキャスリン・ストットとリサイタルの予定。

※後日少し加筆。

関連記事

タグ : マリオ・ブルネロ 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/24 (Thu) 23:38 | # | | 編集

> 鍵コメさま
はじめまして!コメントありがとうございました。ブルネロの大ファンでらっしゃるんですね。コンサートは聴きに行っていないのでうらやましいです。
もしよかったら今後ものぞいて見て面白いと思ってくださる記事があればうれしいです。今後ともよろしくお願いします。

2016/11/25 (Fri) 00:27 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック