2016.11.13
(Sun)

今週の練習

オーケストラの本番まであと一週間。やるべきことはほぼやってきた感があるので、あとは本番で集中力を維持すること。 ブラームスの交響曲第1番を、リハーサル含めてあと何度かしか演奏できないと思うと惜しい気持ちがする。 ドボルザーク「謝肉祭」はお客さんにも楽しんでもらえると思う。ちょっと緊張するのはドボルザーク交響詩「野鳩」で、物語を感じてもらえるかどうか。

本番が近づくと、日々の練習ではやることがなくなってくるもので、もっぱらロココ変奏曲の後半の譜読み。やはり一番やっかいなのは速い第4変奏(フィッツェンハーゲン版第7変奏)で、ゆっくりならば弾けるけど…と、このあたりはエルガーの協奏曲の2楽章のときと似た悩み。 第2、第5変奏あたりは、向山佳絵子さんのような先生なら「ただのスケールでしょ?」と言われるだろうな、などと思いながら。

エチュードはポッパー20番。このあたりを弾いていると、ドボコンの1楽章がもう少しましに弾けるようになっているのではないか、と思い立って楽譜を引っ張り出してみたりする…

オーケストラの曲の個人練習もしておかなければ。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック