2016.10.29
Sat

ヨーヨー・マとボストン交響楽団のエルガー

ヨーヨー・マが先日ボストン交響楽団と弾いたエルガーのチェロ協奏曲が、地元ラジオ局WGBHのサイトでオンデマンドで聴けるようになっていました。

The Boston Symphony Orchestra in Concert: Yo-Yo Ma Plays Elgar [WGBH.org] ソングス・フロム・アーク・オブ・ライフ 
ヨーヨー・マ (アーティスト)

10月22日、ボストンシンフォニーホールでの収録で、指揮は80歳になったシャルル・デュトワ。

ラジオ番組に編集されているためかアンコールはなく、代わりにヨーヨー・マのアルバムから「愛の挨拶」。後半のプログラムはホルスト「惑星」。公開期間は1年間。

いつもながらヨーヨー・マ、すばらしい…。

ヨーヨー・マは今週アメリカ国内での演奏が忙しく、 20日から25日までにボストンでエルガーを4回公演、28日にはシンシナティ交響楽団とドボコン、30日には今度はルイビル管弦楽団と再びエルガー...というスケジュール。

それだけでなく、きのう28日のシンシナティ交響楽団との公演では、ドボルザークのチェロ協奏曲を弾いた後、後半のブラームスの交響曲第2番もチェロセクションに加わって演奏したのだそうです。下がその証拠写真。

[追記] 30日のルイビル管弦楽団の公演でもヨーヨー・マは、エルガーのチェロ協奏曲の後、ドボルザークの交響曲第9番「新世界」の演奏に加わったのだそう。

ヨーヨー・マはこれまで何度もこうしてオーケストラに飛び入りしていますが[過去記事]、その疲れ知らずのスタミナとサービス精神には恐れ入ってしまいます。

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック