2016.10.23
Sun

国際「チェロの日」?

スティーブン・イッサーリス先日の記事でも登場した息子ガブリエル氏が、国際チェロの日 International Cello Day というものを企画しているそう。

[公式サイト, Facebook, Twitter]

パブロ・カザルス(1876-1973)の誕生日である12月29日を世界の「チェロの日」として、それぞれのやりかたで祝おうという提案。チェロ仲間と集まる、チェロの演奏動画を投稿する、またチェロを弾いたことがなければこの日から始めてみる…など、やりかたは自由、というわけ。

偉大なパブロ・カザルスの誕生日を特別な日として祝うことは、世界中のチェリストがもろ手を挙げて賛成するところだと思いますが、果たして大きなムーブメントにまでなるかどうか。

ちょっと連想するのは、バッハの誕生日を祝って街で演奏することが、世界各地で自律的に、ゆるく連帯しながら広がった「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」[過去記事]で、こうした活動にもヒントを得ているのではないかと思います。

関連記事

タグ : スティーブン・イッサーリス  パブロ・カザルス 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック