2016.10.21
Fri

レッスン #312

スタジオの行き帰りの坂道がすっかり暗くなる季節。

ポッパー18番。指板のない高い所から低い所まで、親指ポジションの小指、ハーモニクス。ト音記号の五線よりずっと上で楽譜を読み間違えていた所あり。

ブルッフ「コル・ニドライ」。「気になるところは?」と聞かれて、まず21小節、
kolnidrei21.png
つぎに39小節、51小節…と気になるところを抜き出して聴いてもらう。後で気づいたら全部フォルテの箇所だった。低い所では前回のバリバリという響きを思い出しながら。

最後に先生のピアノで通し。「フォルテとピアノの差を考えて」。今出せる音で弾き切れたつもり。これでこの曲には区切り。

次回からはロココ変奏曲を見てもらうことを再確認。「だれでもが弾ける曲ではないですけど…」。まあそれは承知の上。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック