2016.10.16
(Sun)

今週の練習

チェロ チャイコフスキー ロココ風の主題による変奏曲 作品33 [原曲版]

そろそろ新しい曲に挑戦してみたくなって、チャイコフスキー「ロココ風の主題による変奏曲」を譜読み。 この楽譜は、フィッツェンハーゲン版でなく、オリジナル版に藤原真理さんが校訂を加えた楽譜を、以前から持っているだけは持っていた。

従来は眺めてみるだけだったこの楽譜を引っ張り出してみる気になったのは、もちろん華やかなこの曲が憧れの曲のひとつであることもあるけど、そう手のとどかない曲でもないのではないか?と思えてきたせい。 ハイドン、エルガーといった協奏曲を弾いたのも少しは自信になっているかも。

そう思って、以前見つけたチェロの曲の難易度表を見てみると、今年レッスンで弾いたエルガーやハイドンDがレベル12なのに対して、この「ロココ変奏曲」はハイドンCなどと同じレベル11がつけられていた。

上の難易度表はフィッツェンハーゲン版を前提にしているようだけど、オリジナル版はざっくり言ってしまえば第8変奏が多いだけだから、難易度はどちらもあまり変わらないだろうと思う。

しばらく楽しみながら譜読みを進めてみるつもり。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック