2016.10.07
(Fri)

レッスン #311

ポッパー17番。ハ短調の重音、ポッパーにしてはロマンチックな旋律、途中で左手のあいた指でピチカートもあり。レッスンの間隔が3週間あいたわけだけど、これは初め2週間くらいなかなか正確に音が取れなかったところ(特に中間部)、3週目になってようやく指のかたちが体に染みついて弾けたような気がする。

ブルッフ「コル・ニドライ」の2回目。初めピアノ抜き、次にピアノ伴奏で通し。2箇所、楽譜を読み違えていたところあり。

全体にまだフォルテの箇所の音量が「上品」。 「これくらい」と言われて、ビブラートも最大限かけて何度か繰り返して、ようやくスタジオの楽器をバリバリと普段の倍くらいに響かせられた気がしていたら、「まだ'1.3'くらいかな」。 この曲は次回もう一回。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック