2016.09.21
(Wed)

ヨーヨー・マのドキュメンタリー映画の日本公開が決定

ちょうど今来日しているヨーヨー・マと、彼が2000年に結成したシルクロード・アンサンブルに密着したドキュメンタリー映画"The Music of Strangers"(2015,過去記事)が、日本でも来年3月公開されることになったそうです。邦題は、なんだか旅行会社のツアー名みたいですが、「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」。

ドキュメンタリー映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』来年3月公開決定 [CDJournal 16.09.17]

本作では、音楽界のトップ・スターを影で支えてきた“バックシンガー”に焦点を合わせた『バックコーラスの歌姫たち』(2013年)でアカデミー賞・長編ドキュメンタリー賞を受賞したモーガン・ネヴィル監督がヨーヨー・マに密着。幼少期の貴重な映像や本人へのインタビューをはじめ、親交の深いジョン・ウィリアムズ(作曲家 / 指揮者)、タン・ドゥン(作曲家)、ボビー・マクファーリン(ジャズ・シンガー)らの証言、「J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007」「オリヴィエ・メシアン: 世の終わりのための四重奏曲」「サン=サーンス: 組曲《動物の謝肉祭》より白鳥」などの演奏シーン、音楽仲間たちとのセッションなどから、アグレッシヴな彼の軌跡・生き様を辿る内容となっています。また、ヨーヨー・マが2000年に立ち上げ、日本ではNHK「新シルクロード」(2005年)のテーマ曲を演奏した“シルクロード・アンサンブル”のメンバーにもフォーカスし、伝統と現在の音楽がクロスオーヴァーする様子をフィーチャーしています。

上映はBunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座など全国公開だそう。

予告編。

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック