2016.09.08
(Thu)

錦織、全米ベスト4!

錦織圭選手が全米準々決勝で世界ランキング2位のマレーを1-6 6-4 4-6 6-1 7-5で破ってベスト4!

錦織選手が四大大会でベスト4に入ったのは、決勝まで進んだおととしの全米以来2年ぶりですが、 おととしジョコビッチを破っての決勝進出が、ケガから復帰したばかりの「無欲」の快進撃だったのに対して、 今回は確かな実力と経験値の成果という気がします。

実は、準々決勝の前夜「今回は勝てそうな気がする」とツイッターに書き込んでいました。 これまでのマレーとの対戦を見て来て、マレー対策の経験値が溜まってきているような感じがなんとなくしていたからです。体調も良さそう、相性のいい全米…というのもあったかも知れません。

試合が始まった3時から、試合が終わった7時までずっと観戦してしまいました。 流れが何度も行ったり来たりして、見ている方があきらめそうになる試合でした。

準決勝の相手はデルポトロを破ったランキング3位のバブリンカ。勝てば決勝はたぶん世界ナンバー1のジョコビッチ。 奇しくも2年前の全米で破っている相手ですが、ここからの結果はどうあれ、 ここまでですでに2年前の準優勝とはまた違った意義の、大きな成果を上げていると言えると思います。

[10日追記] 準決勝はバブリンカに6-4 5-7 4-6 2-6で逆転負け。高温多湿のコンディションの中、マレー戦の疲労が出たと分析されていた…。

[12日追記] バブリンカは決勝でもジョコビッチを6-7 6-4 7-5 6-3の逆転で破り全米初優勝。

関連記事

タグ : 錦織圭 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック