2016.08.29
(Mon)

堤剛さん「軽井沢で入魂のバッハ」

8月15日、チェリストの堤剛さんが、軽井沢大賀ホールで開いたバッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会の様子とインタビューの動画が、日経のサイトで公開されていました。

チェリスト堤剛さん 軽井沢で入魂のバッハ [日経スタイル 16.08.27]

チェリストの堤剛さん(74)がバッハの「無伴奏チェロ組曲第1~6番」の全曲演奏に取り組んでいる。8月15日には軽井沢大賀ホール(長野県軽井沢町)で全曲公演を開いた。同ホールはソニー元名誉会長の故・大賀典雄氏が私財を投じて建設し、先日亡くなったピアニストの中村紘子さんが開館当初から公演を重ねたことでも知られる。両氏と親交が深かった堤さんに、バッハ演奏の極意や2人の思い出などについて聞いた。

動画のみのリンクからインタビュー書き起こし全文を含む上の記事にリンク変更。 バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲) Original recording
堤剛(チェロ)

バッハ無伴奏組曲全曲の録音を3回出しておられる堤剛さんが、演奏会で弾かれるときは、3番を最後に置かれるのだそう。その理由も上のインタビューの中で。

15日の大賀ホールでの公演は、2回の休憩をはさんで、1日で全曲演奏するというもの。

2016年08月15日[月] 開場14:15、開演15:00、終演予定18:30
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲
 第1番 ト長調 BWV1007
 第5番 ハ短調 BWV1011
(休 憩)
 第2番 ニ短調 BWV1008
 第6番 ニ長調 BWV1012
(休 憩)
 第4番 変ホ長調 BWV1010
 第3番 ハ長調 BWV1009

7月に亡くなった中村紘子さんについて、堤剛さんは、8月1日付の日経でも追悼文を寄せておられました。

中村紘子さんを悼む 華やかさの裏の努力と情熱 チェリスト・サントリーホール館長 堤剛 [日経 16.08.01]

(全文を読むためには会員登録が必要ですが、登録だけなら無料。)

いつも控えめに話される堤剛さんのことだから、言葉にならない思いがたくさんあるに違いない、と思いながら読みました。

関連記事

タグ : 堤剛 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック