2016.08.24
Wed

バグパイプ肺

イギリスの伝統楽器バグパイプが原因の病気で亡くなった方がいるとのこと。

バグパイプ内の菌で男性死亡? 管楽器奏者に警鐘 [AFPBB 16.08.24] スコットランドのバグパイプ ベスト

イギリスで毎日バグパイプを演奏していた61歳の男性が、7年間にわたる乾性のせきと息苦しさに悩まされたため、 主治医らがバグパイプの中を調べたところ菌類が繁殖しているのが発見され、この男性は2014年に死亡した…という症例、 "bagpipe lung"(バグパイプ肺)が医学誌に報告[原文]されたとのこと。

いかにもバグパイプの中は洗ったりしていなさそうですから、もっともらしく思えました。

しかし、イギリスの医学誌で、楽器がらみでは、以前こういうニュースもありました。

チェリストの医学会誌症例報告はウソ [2009.01.28]

チェロを長年演奏している男性が股間に楽器を押し当てることによる cello scrotum という症状がイギリスの医学誌に報告されていたけれど、イギリスの医師で上院議員(しかも女性)のウソだった、という話。イギリス人は、不謹慎ぎりぎりの、意外なところでユーモアを発揮するので気をつけないといけません。

ただ、今回のバグパイプの場合、英ガーディアン紙によると死亡にまでは至らなかったケースは過去にもあったのだそうで、2013年に、77歳のバグパイプ奏者が肺の疾患で重体になったために、バグパイプ演奏家団体が楽器を適切に掃除するよう注意喚起をした、ということがあったそうなので、ある程度信用してもいいのかも知れない。

そういえば、しばらくチェロの中を覗き込んでみたことがありませんが、どうなっているか…

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック