2016.08.07
(Sun)

チェロ・カルテット・コンサート

猛暑日の土曜日午後、ヨンゲン「2つの小品」に挑戦しているチェロ・カルテットの練習。 みんなが全パートを弾けるようにしようという試みも第2セットに入ったところ。

*** クァルテット・エクスプローチェ~響炎する4本のチェロ~Quartet Explloce

練習の後、みんなでなるべく日陰を歩けるルートを探しながら、トッパンホールでクァルテット・エクスプローチェのコンサートへ。

都響の森山涼介さん、読響の高木慶太さん、日フィル辻本玲さん、N響の市寛也さんという若くて実力のある4人が集まったチェロ四重奏団で、 このほど初のCDの発売に合わせて、1週間で福岡、松山、大阪、名古屋とツアーした後、この日は渋谷のタワーレコードでインストア・ライブをしてからトッパンホールに乗り込んだというから、さすがに若さのパワーは違う。

曲目はバッハ「シャコンヌ」、ラフマニノフ「ヴォーカリーズ」、ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」、カサド「親愛なる言葉」、バーンスタイン「ウェストサイド物語」メドレー、 そしてピアソラのタンゴ「ラ・クンパルシータ」「オブリビオン」「鮫」というもの。

曲のスケールから言っても難度から言っても、メインに据えてもおかしくない「シャコンヌ」が、この4人にかかるとオープニング曲…。ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」は、激情があふれる速い3楽章までも4本のチェロで表現し尽くし、客席からブラボーの声も挙がった。 個人的にはドラマチックな「ウェストサイド物語」が良かった。編曲は「シャコンヌ」を除いてすべて小林幸太郎さん。 アンコールは、CDのラストにも収録されているアザラシヴィリ「無言歌」。さらに続く拍手に、この4人の年齢からは意外な玉置浩二「ワインレッドの心」(1983年)。

4人それぞれにキャラクターが違うところが面白く、概して辻本さんあたりが「こんなんどうや」と引っ張ると、残りの3人がさっとフォローしたり、時には「まあまあ」となだめたりしているのではないか、と想像しながら聴くと楽しい。

この4人にはますますチェロ四重奏の可能性とレパートリーを広げてもらいたいと思うのだが、ここまで何でも弾いてしまう4人だとすると、今後何を期待していいのか? 4月にはゴールドベルク変奏曲全曲を弾いてしまったというし、今回の「月光」のように別ジャンルの名曲の編曲の可能性はいくらでもあるのだろうし…と考えると考えがまとまらず、 アンケートの「今後希望する曲」の欄を、最後まで書き入れることができなかった。

チェロ四重奏という分野は、プロにこれだけ実力あるタレントが揃っている、その割には、レパートリーがまだまだ足りないのだと思う。

この4人のメンバーのうち市さんと森山さんがそれぞれドイツに留学されるとのことで、帰ってこられるまで、この4人の演奏は上のCDで。

関連記事

コメント

辻本さん

はじめまして。2年ほど前にチェロを初めてから、ずっとこのブログを拝見していました。今年還暦の超レートスターターです。

私のチェロ師匠が、中学生の頃の辻本さんを教えていたそうです。

先日、京都で辻本さん出演のピアノ5重奏聴きました。いい演奏でした。今回のクァルテット・エクスプローチェのツアーは聴きに行けなかったのですが、暫く、演奏できないのですね。残念です。10月にはソロリサイタルがあるので聴きに行こうと思ってます。

2016/08/07 (Sun) 23:03 | 吾亦紅 #- | URL | 編集

Re: 辻本さん

> 吾亦紅 さん
はじめまして。そうでしたか!コメントありがとうございます!
辻本さんの10月のリサイタル、来年2月には東京の同じホールでやることが決まったようで、しっかり宣伝しておられました。
若くて実力のある方たちの成長と活躍が見られるのは、本当に楽しみですね。

2016/08/08 (Mon) 00:20 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

No title

yoshiさん、お久しぶりです。

大阪で聴きました。去年についで2回目です。一段とみがきがかかり、エネルギシュに感じました。辻本さんのご実家が、大阪の豊中市ということもあり、チケットは、完売、終演後のCDのサインの列もずうぶん長くなってました。
アンコール(CD ラストの曲)アザラシヴィリの無言歌の楽譜を手に入れたいと思うのですが、ご存知ですか?

アザラシヴィリ「無言歌」

> shigekoさん
おひさしぶりです!大阪公演に行かれたんですね。
アザラシヴィリ「無言歌」の楽譜で出版・販売されているものは残念ながらないんじゃないかと思います。
実は一度この曲をチェロ4重奏版でなく、ピアノとチェロ7部で弾いたことがあります。あの旋律が幾重にもうねるように重なり感動的でした。楽譜には今回の編曲の小林幸太郎さんのお名前があったので、おそらくそのときは小林さんのご厚意があったのだろうと思います。
楽譜のことでいずれ何かわかったらお知らせしましょう。

2016/08/08 (Mon) 16:25 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック