2016.08.05
Fri

リオ五輪テニス・ドロー

リオ五輪で錦織選手が出場するテニス男子シングルスのドローが発表。シード上位8人の配置は:

ジョコビッチ v ツォンガ
ナダル v ゴファン
モンフィス v 錦織
フェレール v マレー

[ドローのPDFはリンク先のDownloadsというところから]

フェデラーとバブリンカ(ともにスイス)が欠場するため第4シードになった錦織選手は、1回戦ラモス=ヴィノラス(スペイン)、2回戦ミルマン(オーストリア)かベランキス(リトアニア)、3回戦に予想されるコールシュライバー(ドイツ)に勝てばベスト8。

準々決勝モンフィス(フランス)かチリッチ(クロアチア)はどちらが来ても強敵ですが、なんとかベスト4に残ってマレー(イギリス)とメダルを賭けて対決して欲しいところ。

ただ、やはり心配なのは体の故障で、オリンピックという舞台であるために、もしものことがあっても無理をしてしまうのではないか?と、そのことが一番気になります。8月末にはすぐ全米オープンがあります。ぜひ無事に乗り切って欲しいと願うばかりです。

[追記] マレーはイギリス選手団の開会式での旗手に選ばれたとのこと!ナダルもスペインの旗手をつとめるが決まっており、テニスからは女子のウォズニアッキ(デンマーク)と合わせておそらく3人。前回ロンドン五輪では8人(ナダルの欠場で7人)が選ばれてました。

関連記事

タグ : 錦織圭 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック